スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江のどぶろく 棚田の里

またまた永らくのご無沙汰で......。 
いつも忙しいのを言い訳にしていますが、ほんとうに忙しかったんですよ。
京都府第一号のどぶろく製造免許を受けるべく、ちいさいながらも蔵造りから始まり、
たくさんの書類提出、住民票や耕作証明書などのいろいろな証明書の提出と、
大江町がどぶろく特区の認定を受けてから一年以上かかりましたが
この12月2日やっとどぶろく製造免許を受ける事ができました。
酒名は「大江のどぶろく 棚田の里」としました。
ここ大江町毛原は日本の棚田百選に選ばれた美しい棚田のある所、
大江町は酒呑童子の里としても良く知られた所で鬼を使った商品などがたくさんあり、
酒名にも鬼を使っては?とのご意見も頂いていたのですが、
私たち夫婦にとってはここ毛原を終の住処としての思い入れもあり
この美しい棚田の景色を知っていただきたくこのように決めました。
初仕込みは12月15日、年末には美味しいどぶろくが出来上がる事でしょう。
初売りは正月三が日、元伊勢内宮皇大神社参道にて本数限定にて販売の予定です。
京都府第一号認可の名に恥じないようおいしいどぶろくを作るべく
気合いを入れてがんばります。
試飲も予定していますので、お近くの方はぜひ試してみてください。
ラベルにも力を入れました。
酒名は地元大江町で名を知られた芸術家Oさんに木版をお願いし、
紙も地元の丹後和紙を使って一枚ずつ手刷りします。
瓶への貼付けもひと瓶づつ糊を使って手でと思っています。
というよりたくさん作れないのでこれしか方法が無いとも言えるのですがね....。
ともかく地産地消ではないですが、できるだけ地元と関わりのあるものをと思っています。
熟練の先生に指導を受けるのですが、事酒造りに関しては酒税の関係で
事前練習などできないので、即本番、不安もありますが、美味しいどぶろく
を造るべく意欲は満々 ぜひ応援してくださいね。IMG_2130_convert_20101215235112.jpg
ラベルはこれに近いものになる予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 転勤になりました

ブログ、ずっと余裕がなくいつも息子に継続しないのなら閉じろと言われつつ
久々に開いて気がつきました。メールを頂きながら失礼いたしました。
またカフェを再開したときお越し頂けたらと思っておりましたのに
遠くに行かれ残念です。でもそちらはここより気候が良く住み良いところでしょう
もう慣れられた頃でしょうが、あまり無理されないよう体に気をつけられますように。
またいつの日かこちらに来られる事がありましたらお寄りくださいますよう
お元気で!!
プロフィール

setsukoKAWASE

Author:setsukoKAWASE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。